私のお気に入りの作家ラヴクラフトについて。

私のお気に入りの作家ラヴクラフトについて書きたいと思う。私は俳優の佐野史郎さんのファンなのだが、ウィキペディアでラヴクラフトが好きと知って、図書館で借りて読んでみた。結果、最初はそれほどでもなかったけど、いくつか短編を読んでいくうちに、すっかり気に入ってしまった。エドガー・ア・ランポーのような怪奇小説だ。古めかしい文章と雰囲気で佐野さんが好きなのがよくわかる。佐野さんは他にも江戸川乱歩とか水木しげるとかが好きらしいから。太古の時代からずっと生き残り続けている、生物(?)が何とも恐ろしい、自然の生命の脅威みたいな神秘みたいな、独特の魅力、世界観がある。人間の歴史はおろか、地球に生命が誕生する前にすでに生きていた生物が例えば、海底の奥深くにずっと生き続けていたり、南極の氷の中にずっと閉じ込められていたり。人間や地球上の生き物とはあまりに違い過ぎて、恐ろし過ぎる外見、声。不気味な魅力にまた読んでみたくなってしまう。湘南美容外科 脱毛 体験